’10クリマス会ギャラリー 


クリスマスケーキ、飲み物、食料を50人の子どもたちに配りました。開会のことばを現地代表が宣誓すると大興奮の中、クリスマス会が開かれました。そして、子どもたちお待ちかねのケーキの搬入が行われました。初めて見るケーキ、初めて食べるケーキの箱を見るなり大興奮状態で、悲鳴にも似たクリスマスソングが合唱されました。町内会長さんがケーキを切り分け、一人一人にケーキを渡すと、膝を地面について本当に嬉しそうに御礼を述べていました。たっぷりと食べた後にはスタッフのお兄さん、お姉さんと一緒に、外で思いっきり遊びました。

予定では、3時間でしたが、現在、ウガンダではソマリアのテロ組織「アルシャバーブ」からのテロ予告があり、テロ警戒体制に入っております。当局では、大勢が一箇所に長時間集まることを禁止しており、今回のクリスマス会もパトロール中の警察官からの中止命令で、途中解散となりました。
ウガンダ情勢につきましてはこちら

ゲートから出るときに、皆様からのご寄付で購入した食料(100キロのとうもろこしの粉)をみんなで分けて帰途につきました。

一瞬で消えてしまうケーキを上げるよりは、後々使える蚊帳をと例年は配っておりましたが、今年の子供たちの見たこともないような大興奮には、例え、一瞬でも、人々を幸せにすることが出来るんだなと思った次第です。8年目のクリスマスをアフリカで迎えましたが、やはり、子どもたちと同じ目線でこれからも支援をしていかなければならないと考えさせられました。今回のクリスマス会を開催するに当たり、多くの皆様からのご支援がありましたことをこの場をお借りしまして、ご報告いたします。皆様の心あたたまる御真実のお陰で、本当に素敵な笑顔を見させていただくことが出来ました。今後とも、チルドレン・ホープの活動の上に、ご指導のほど、どうか、よろしくお願い致します。本当にありがとうございました。

報告 ウガンダセンター事務局長 石原悦子

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42





Copy right(C) 2008 Children hope All rights reserved.