東京事務所 2009年度 ニュース   


朝日新聞取材

12月吉日に山岸さん(ピース)のボランティア活動を取材した記事です。チルドレン・ホープの支援団体です。山岸さん、ありがとうございます。 
2009年12月16日
支援のお願い

チルドレン・ホープは自立のため孤児にウガンダでストラップの作成指導をしています。ストラップ1個の値段は300円です。ストラップ1個で孤児の10日分の食事代がまかなえます。私どもの活動をご理解いただき、このストラップをまとめて購入あるいは販売して頂ける会社を探しております。

利用方法のひとつとして、自社紹介と社会貢献(CRS)の趣旨を書き込んだ用紙とストラップを下記の写真(準備中)のように一緒にして配布あるいは販売していただくことです。勿論、団体・個人でもいろいろな会合での配布のために購入していただければありがたいです。

ご関心があれば、名刺を入れるための透明紙袋もウガンダよりストラップと一緒に送付いたします。名刺用コクヨ製品は1000枚分2780円で購入できます。1枚2.7円です。ご検討の上、こちらにご連絡いただければ幸いです。

2009年11月25日

講演

ピースの山岸さんの好意によりライオンズ・クラブ(札幌)でウガンダにおけるチルドレン・ホープの活動について講演させていただきました.。前方は山岸さん、後方は石原です。


2009年11月18日
バザーの報告

千葉県鎌ヶ谷市ハッピーミチヨ店にてアフリカの子供の為にバザーをしてくださいました。
2009年11月4日

一時帰国報告


ウガンダ・センター事務局長の石原悦子理事が長女真美ちゃん(1歳8カ月)と一緒に10月24日から11月24日まで一時帰国されました。関西、関東、北海道とチルドレン・ホープの広報活動に精力的に動き回られました。同期間中、ウガンダでは同センター周囲で暴動が発生するなど夫人は現地のことが気が気でなかった様子でした。夫人の帰国中の主な活動は下記のとおりです。

▼11/9:新光総合研究所専務藤田氏の紹介により銀座ナイトクラブ・ニュー花のオーナー今井朱美様にウガンダに移住したきっかけや現状を説明。食事とナイトクラブへ招待。ストラップ100個も購入していただきました。

▼11/16:ホテルニュー大谷の三浦総務部長に面会。現地事情を説明し、支援を依頼。同部長から次回は従業員研修をお願いしたい旨の話が出ました。

▼11/11:元ウガンダJICA所長夫人と会食。 インテック・ジャパン可児社長に日頃の支援に感謝を述べに訪問。

▼11/15:ウガンダでお世話になった千葉県御宿バイオガスの製作者三成様ご家族に面会。11月17,18日:北海道ではピースの山岸育美代表のお世話で、地域ボランティア、貧しい国への支援団体職員の方々に講演。北海道ライオンズクラブの例会でスピーチ、 またプロテスタントキリスト教会を訪問。

▼11/19:東京でリコーテクノシステムズでプレゼンテーション。

▼11/20:東京で有志の皆様に講演。

▼11/22:奈良県で有志の皆様と会合。武道館の塀建設のための募金を頂く。以上の合間に大田区池上にあるリサイクルショップやフリーマーケットに頻繁に参加。ネット上で知り合った支援者とも日本で初めて会えることができ感激した。

▼下記は支援企業のリコーテクノシステムズ様からの夫人宛てのメールです。

「 昨日は足場も悪く寒い中、辺鄙なところまでおいで頂きましてありがとうございま した。お越し頂きましたお陰で1年ぶりに元気な顔が見れてうれしかったど同時に支援金や社員からのプレゼントなどを渡せてホッとしております。また、昨日は楽しく会合が出来ましたし 弊社の推進委員もチルドレンホープさんの活動やウガンダの実情など解り理解を深めたことと思います。 昨日の写真(下記)を送りますので、HPなどご活用ください。 今後ともよろしくお願いします」

2009年10月3日
総会

チルドレン・ホープの初総会が10名の出席者を受けて、石原理事長の司会で執り行われました。今年度は同NPOを一層拡充しようと参加者の活発な意見を交えて無事終えることが出来ました。
2009年7月19日





Copy right(C) 2008 Children hope All rights reserved.