HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

炊飯器の保温を最低限にし、電気代を節約

私は炊飯器を使う時、保温の機能はあまり使いません。使うのは夕食にご飯を炊いてから30分ほどです。朝食は週に2回、夫と娘のお弁当を作るので、炊き上がってから5分ほどでご飯を弁当箱に詰めてしまいます。その残りが朝食用です。私は昼に1人で食事しますが、大概が夕食時に余ったご飯です。ほとんど毎日余るので、ラップにくるんで冷凍しておきます。解凍はレンジで2分から3分ほどです。私の実家では、朝炊いたご飯を夕方まで保温していました。時間にすると10時間から12時間にもなります。相当な長さです。確かに炊飯器にご飯がいつでもあれば便利かもしれませんが、風味も落ちますし、電気代を考えれば効率は良くないと思います。電気代の節約は家計にも優しく、節電することで少しでもエコ活動につながるといいなと思います。

応援企業

坂平修治は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 坂平修治
WEBサイト 坂平修治さんの紹介サイト
サービス紹介 坂平修治さんのコンサルティングは数社限定ということもあり、業界内では今注目されているようです。 コンサルティングプランは複数あり、クライアント様の要望によって変わり、訪問頻度やセミナーの時間によっても変わってきます。 物販業界の流れやストレスを理解し、企業の悩みである部分を解決するためにコンサルティング業を始めた。 物販業界ではアマゾンやイーベイなど海外でも有名なモールがありますが、そこから参考になるデータも多く取得できるといいます。 例えば物販でもコンテンツマーケティングを活用し、商品やハウツー系の記事を配信しミドルキーワードの流入を確保することも坂平修治さんの案です。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。