ニュースレター サイトマップ プライバシーポリシー 総会報告

Homeウガンダ便り >養豚、養鶏、畑の様子(7,8月)


養豚、養鶏、畑の様子(7,8月)  
2016年8月29日

テレビ放映によりご縁がありまして、日頃からご支援をくださっておられます、増淵佳奈子様、石澤邦夫様、森野熊男様、匿名ご希望のご支援者様などのご支援が届きましたので、お届けしております。

私達の支援している各地域へ生活改善と収益向上のために養豚や養鶏、畑などを進めております。
これらの取り組みは2年前から始まり、現在では地域の生活は大きく変わっております。
詳細、http://childrenhope-ug.com/givingactivities.html

私たちが訪ねた頃は、その日暮らしの大変な生活をしている人や、体を売って生計を立てている人など本当に最悪な環境でした。
このような毎日では、到底貧しさから抜け出す事はできないので、ウガンダセンター長は、豚を育てることや、鶏を育てること、畑をすることを勧めて指導してきました。
中には、豚や鶏を自分で食べてしまう人、盗まれてしまう人、よく面倒をみず死なせてしまう人など失敗も数多くあります。
アフリカでは生活習慣や国民性の違いから、各プロジェクトのスタートはとても優しいものではありません。
しかし、皆様のお陰とウガンダセンター長の地道な活動で段々とお互いが歩み寄り理解し合うことで、良くなっているのは事実です。

7,8月豚が子供を生み12頭になりましたので、販売し地域の生活費になりました。
鶏は現在メスが卵を生むので販売しております。
各地域へ畑、養豚、養鶏経費、エサ代などお届けし喜ばれました。

皆様からのあたたかいご支援を心から感謝しております。
誠にありがとうございました。

ご支援など、http://childrenhope-ug.com/coop.html
各プロジェクト、http://childrenhope-ug.com/support/index.html



















































トップページ支援活動ウガンダ便りご協力のお願い子供たちチルドレンホープについて
Copy right(C) Children hope All rights reserved.