ニュースレター サイトマップ プライバシーポリシー 総会報告

Homeウガンダ便り >武道館(多目的ホール)


武道館(多目的ホール)  
2015年10月26日

第7回邦人の学習会が行われました。
お陰様で、空手稽古や文化交流と幅広く活用されています。

◆ウガンダ武道館の目的は http://childrenhope-ug.com/budokan.html

武道館建設プロジェクトについて(2011年12月13日より、 第1期工事が始まりました!)


チルドレン・ホープ、ウガンダ事務所代表石原藤彦氏(極真カラテ弐段)は、2003年5月より空手を通じて、ウガン ダ人の少年、少女、青年、そして壮年に日本の武士道精神を伝えています。
金銭的な援助、物資的な援助は、多くの国、団体が行っていますが、その弊害として、貰い慣れすぎている現実があります。中古衣料を貧しい子供 たちに渡しても、その服は、ウガンダ最大のオウィノマーケットで売られているのが現実です。
売ったお金で生活できているのでありますが、服は、二束三文で買い取られてしまいます。
果たしてドナーはその事を知っているのでしょうか?与えるだけの援助では、アフリカ人は、自立はできません。
インターネットの普及により、グローバライゼーションの悪い面を学び、何でも手に入ると勘違いをし、簡単にお金を手に入れるために、強盗、殺 人、窃盗を簡単にしてしまいます。
あらゆる階層で堕落の様相は深く、つい先ごろまで我々日本人が失っていた人間性の良さを持っていたアフリカ人が堕落していく現実を見るにつ け、一体、開発、進歩、援助とは何なのかと考えさせられてしまいます。
ウガンダのムセヴェニ大統領は、日本の発展を探り、武士道が関わっている事に気づきました。
ウガンダの父と呼ばれた柏田雄一氏も今アフリカに必要とされているのは、武士道、サムライ・スピリットだとムセヴェニ大統領に進言しました。
武道館建設プロジェクトは、日本人の血に流れているサムライ・スピリットを武道を通じて伝道するには、最適なものであると感じる次第です。ご 支援のほど、よろしくお願いいたします。

皆様の真心のご協力を誠に有難うございます。

ご支援などは、http://childrenhope-ug.com/coop.html





























トップページ支援活動ウガンダ便りご協力のお願い子供たちチルドレンホープについて
Copy right(C) Children hope All rights reserved.